サロンパスEX

コリキク!の辛口採点
  • ■効き目
  • ■持続性
  • ■コストパフォーマンス
  • ■オリジナリティ
  • ■無臭度

総評

他の湿布と比べて持続性に欠けるところが残念。絆創膏のようなメッシュ系素材を使っていて、通気性などの点では真新しさを感じる。

3

【総点3.0点】
サロンパスの雄、久光製薬のサロンパスEX。20枚入りと40枚入りが出ています。
実に多くの湿布薬が世に出ている中、そこに含まれている成分もさまざま。サロンパスEXはインドメタシンという主成分から成り立っている湿布になります。
サロンパスEX
インドメタシンは、炎症効果と鎮痛作用2つの効能を持ってます。メントールによって表向きの爽快感が生まれているのですが、一方でこのインドメタシンが痛みを楽にしようと筋肉に働きかけているわけですね。

実物を取り出してみました。通常の湿布よりも一回り小さいです。肩こりのきつい人というのは、だいたいコリのポイントというのが決まっているので、小さいほうがピンポイントで貼れるといういことで、重宝されているみたいです。まあそのほうが経済的ですからね。
サロンパスEX
実際に貼ってみた感想ですが、まず他の湿布と比べて少し持続性に欠けています。私の場合、寝る前に貼った湿布が次の日の何時くらいまで効いているかというのを一つの目安にします。サロンパスEXは朝起きた時点で効き目は無くなっていましたので、ちょっと残念でした。

良い面は、写真のとおりメッシュ素材のようになっていますので、ムレにくり=肌にやさしいところだと思います。あまり見られない素材なので、これは斬新な試みだと思いました。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+