中山式快癒器 強力型 K型 2球式

コリキク!の辛口採点
  • ■効き目
  • ■機能性
  • ■コストパフォーマンス
  • ■オリジナリティ

総評

背中の下にある中山式を脊椎に沿って動かすのは一苦労。固くて低い枕に上に置いたり、クッション性のあるベッドでは使い物にならなかったり、使用に制約がありすぎて少々煩わしさを感じる。

2.5

【総点2.5点】
本体を取り出してみてびっくり。このグッズってどこかで見たことがある・・・。友達の家だったか、どこだったか、とにかく一度はどこかで目にしていて、これ何に使うんだろうって思ってたのだけは覚えています・・・。
中山式快癒器
カバーがついてまして、首もとを押すときに髪の毛を巻き込まないように配慮されてます。カバーがついていても指圧の力は変わらないそうなので、女性の方は安心ですね。
中山式快癒器
説明書きは使用法がこと細かに書かれていました。図のように、脊椎に沿って中山式を球一個分ずつ、10秒間隔くらいで移動していくらしいです。

この通り試してみたのですが、これは大変な作業でした。背中の下にあるものを動かそうとするのは、そりゃ大変ですよ。軽く一度起き上がらないといけないし、次また脊椎のツボに当てるのも一苦労・・・。
中山式快癒器
他にも、低くて固めの枕に置かないといけないらしく、私は写真のように薄っぺらいクッションの上に置いて使ってみました。
中山式快癒器
この中山式快癒器、最初こそ気持ちいいなあと思ったものの、器具を動かしていくのが大変だったり、普段寝るベッドの上では使い物にならなかったり、ちょっと制約が多いですね。

板間の床だと、すべってズレたりもしますし、テレビを見ながら使ったりもちょっと厳しい。その辺りの煩わしさをすごく感じてしまうグッズでした。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+