オムロン ハンディマッサージャー HM-165

コリキク!の辛口採点
  • ■効き目
  • ■機能性
  • ■コストパフォーマンス
  • ■オリジナリティ

総評

ツボにピンポイントで使用できるマッサージャー「HM-165」。叩きとバイブレーションの両面で使える。ヘッドの先端付け替え、叩きと振動の変換調整など機能面が充実。強弱にもっと幅広い調整が欲しいところ。前機種のHM-164にいくつかのメニューが追加された仕様になっている。

4.1


【総点4.1点】
医療機器を数多くリリースするオムロンにも、マッサージャーがあったんですね。
HM-165のコンセプトは「叩き」と「振動」、2通りの用途で使えるところじゃないでしょうか。

こういった他にないコンセプトを取り入れようとする姿勢はとても好感が持てますね。ボディの重心もずっしり感があり、肩にしっかりと置ける感じがします。ヘッドの先端は写真のように2パターンで取り替え可能。
HM-165
さて、実用面のほうはといいますと、個人的には「叩き」or「振動」の細かい調整よりも、「強弱」の調整を取り入れてもらったほうがよかったと思いました。
叩きと振動ってたぶん人の好みがはっきり分かれるところなんですよね。

肩こりヘビー級の人にとっては「強めの叩き」は欲しいところ。そういう意味では、叩きか振動かは切り替えだけにして、もっと強弱に幅を持たせてほしかったというのが本音です。
HM-165
強弱は切り替え式になっていて、「強」でもさほど強くないんですよね。まあ、あまり強すぎると筋肉を痛めそうな気もするんですが…。

まあしかし、全体的にはかなりクオリティーの高いマッサージャーには間違いありません。
同じ種類の商品ではここまでレベルの高いものはそうそう見当たらず、さすがは医療メーカー・オムロンならではの洞察力と感服しました。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+