ブルーライトカットメガネで眼精疲労&肩こりを駆逐せよ

肩こりを起こす原因は、普段の姿勢、運動不足、ストレス、そして眼精疲労。眼精疲労って肩こりの最たる理由の一つでありまして、これはもう疑いようのない事実なんですね。

肩こり、眼精疲労をやわらげるのにビタミン剤を摂取するのはいいんですけど、私の場合はブルーライトカット入りのメガネをかけて、ハードウェア的な対策をしているんです。

ということで、2年前から愛用しているのが、こちらのJINSのメガネ。

jins ブルーライトカットメガネ

一日中パソコンの画面を見ているにもかかわらず、なぜが視力はそれほど悪くなく、右が1.5、左が1.2。
メガネに度を入れる必要もないため、ブルーライトカットレンズだけを入れてもらいました。

ブルーライトカットレンズには種類がある

JINSの場合は、ブルーライトカットのレンズにも種類がありますね。ブルーライトをよく遮断するものは、レンズの色もちょい濃いめ。逆に、色が薄めのものは遮断効果も低いといわれてます。

私は、日常的にずっとメガネを着けていので、一番色が薄いものを選びました。

なぜずっとメガネ着けてたいかというと、これはもうスマホをしょっちゅう見てるから。スマホが放射するブルーライトって半端じゃないそうです。

jins ブルーライトカットメガネ

透明とはいえ、光の当たり加減でこんな風に少し青光りはしますね。これはブルーライトカットメガネの宿命ですが、最近は当たり前の流れになってきている感じもします。

フレームの実用性とファッション性

私がJINSの眼鏡にした理由はやっぱりこれでしょう。

メガネのフレームがこんな風にグニャっと曲がるんです。曲がれば何がいいかといいうと、これはもう着け心地がすごくいいんですよ。

jins ブルーライトカットメガネ

顔の形に対して余分なチカラが加わらないんですよね。これだと痛くならないし、少しくらい太って顔が大きくなったとしても、自然にフィットしてくれます。長時間着けていても痛くなく、全く違和感ありません。

あとはファッション性でしょうか。
JINSのメガネって、普段着としての気軽さがあって、フレームの種類もすごく豊富なんですよね。

普段着としてのメガネを選ぶ

肩こりに悩んでいる人は、ぜひブルーライト対策のメガネを試してみてはいかがでしょうか。眼精疲労がちょっとでも改善されれば、肩こりもずいぶん楽になるかもしれません。

いざメガネを買うことになれば、普段でもずっと着けることを考えてフレームを選びましょう。スマホを見ている時間って案内長いもので、ずっとメガネを着けているほうが確実にブルーライトから目を守ってくれるわけですから。

ブルーライトをあなどってはなりません。
まずはメガネから肩こり対策を。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+