アンマパス温感パッチ

コリキク!の辛口採点
  • ■効き目
  • ■持続性
  • ■コストパフォーマンス
  • ■オリジナリティ
  • ■無臭度

総評

ロイヒつぼ膏やおきゅ膏に代表されるツボ貼り型の湿布薬の一つ。これらに共通する特徴は、刺激と臭いがきついところだが、効き目も強い。

類似商品:
ロイヒつぼ膏
アンメルツ 温キューパッチ

2.6


【総点2.6点】
ロイヒつぼ膏おきゅ膏に代表されるツボ貼り型の湿布薬。

ドラッグストアに行くと、同じタイプの湿布を随分見かけるようになりましたが、この「アンマパス温感パッチ」もそのカテゴリー商品になります。

にしても、これだけ同じような商品があると、なにを基準に選べばいいのか悩むところですね…。
パッケージを見ても、量の多少に差はあるものの、含まれている成分はほとんどロイヒつぼ膏と変わりはありません。

アンマパス

さて、開封してみましょう。

1枚あたりの大きさは、きわめて標準的なサイズですね。
これが6枚ずつ透明シートに取り付けられています。

アンマパス

つぼ貼り型の大きな特徴として、臭いがきついというのがあります。
特徴といっても、これはデメリットの部分。
このサイズの湿布で強い効き目を持たせようとすると、どうしても臭いはきつくなってしまうんですよね。

さて実際に貼ってみた感想ですが、今まで試してきたツボ貼り型と比べて、さほど特筆するべきところがないとういのが本音です。

ロイヒつぼ膏やおきゅ膏にはそれぞれ、肌への刺激を抑えた姉妹商品を持っています。ロイヒつぼ膏COOLとおきゅ膏マイルドがそうですね。
ツボ貼り型は同じような商品が多すぎるので、こうした特長を持たせる商品が頭一つ抜け出ている。
決定的な特長が求められる時期にきているのです。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
Tags: