セイムビタンEX

コリキク!の辛口採点
  • ■効き目
  • ■コストパフォーマンス
  • ■持続性

総評

ビタミン剤は含有成分に違いはある。中でも「セイムビタンEX」は比較的安いビタミン剤。サプリメントは継続してこそ効能を見込めることを考えれば、安いというだけで十分なメリットがある。

類似サプリメント:アリナミンEX Plus

3.5


【総点3.5点】

ビタミン剤といえば「アリナミンEX Plus」がメジャーですが、その他のビタミン剤はいくつか名前をご存知でしょうか。

テレビCMでは盛んに放送されている効用は、「眼精疲労」と「首筋のコリ」。
もちろん、飲んですぐに効くというわけではなく、毎日継続することで、症状が緩和する。サプリメントにはそういった根気が何よりも必要なのです。

さて、今回ご紹介するのは「セイムビタンEX。
「アリナミンEX Plus」と何が違うのかといいますと、見てのとおり成分が違います。

seimubitan2

大きなところでいうと、セイムビタンEXには「パントテン酸カルシウム」が含まれていません。これはいわゆるビタミンB5という名前で、皮膚の健康を維持する栄養素なんだそうです。

そして、もう一つはベンフォチアミン。
こいつは、ビタミンB1誘導体として含有されており、同じ働きをする成分が「アリナミンEX Plus」では、フルスルチアミン。フルスルチアミンはタケダ独自の成分となっています。

まあ成分のことはこれくらいにして、セイムビタンEXの一番良いところはやっぱり「安さ」でしょう。
当然、各社のビタミン剤は成分に違いがあるものの、劇的な大差は無いはず。
サプリメントは「続けること」が一番のハードルということを考えると、これはもう安いに越したことはないのです。

ジェネリックという言葉も浸透してきたように、私は同一種の薬品に関しては、さほど違和感なく飲めるんですよね。
市販の薬にもそういった流れが来ることは、むしろ歓迎すべきことだと個人的には思うわけです。

まあ何にせよ、継続はチカラなり。
サプリメントは根気よく続けていきましょう。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
Tags: