Q:肩こりには、温湿布?それとも冷湿布?

肩こりに湿布を貼るというのは、痛みやダルさを麻痺させているということです。
結論としては、どちらでもいいということになるでしょう。

もっというと、温湿布は「温かい」と感じるだけであって、実際に肌を温めているわけではありません。
冷湿布も然りで「冷たい」と感じているだけなんですね。

残念ながら、湿布は肩こりを「一時的に感じなくしているだけ」なわけでありまして、根本的な治療にはなっていないのです。

じゃな、湿布とは関係なく、肩こりって冷やしたほうがいいのか、温めたほうがいいのか。
どっちなんでしょうか。

これは、温めるが正解なんですね。

お風呂や温泉につかっていると、肩こりがなるなくのは温めているからなんです。
緊張した筋肉が温められることで、血行がよくなり、コリがほぐれる。

肩こりの根本原因は、血行不良ですから、何より温めるのが一番なんですね。

お灸にしたって、ツボや筋肉を温める道具ですし、最近では肩をあたためるグッズも随分たくだん出てきました。

たとえば、あずきのチカラなんかは、典型的なグッズですよね。

あずきのチカラ

根本的に肩こりを取り除きたいと思われる方は、湿布よりもこういったグッズを試してみるのもいいんじゃないでしょうか。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
Tags: