小指を押してカンタン回復「少沢(しょうたく)」【ツボ】

押しやすい「少沢(しょうたく)」ツボ

合谷をはじめ、手のひらには実はたくさんのツボがあるのをご存知でしょうか。
一見、肩こり、眼精疲労などは手のひらとは無関係にように思えますが、ツボの効能を見ると、深いかかわりを持っていることに気づきます。

今回ご紹介するのは、「少沢(しょうたく)」。
小指にあるツボですね。

「少沢(しょうたく)」の場所とポイント解説

少沢のピンポイントはこちら。

「少沢(しょうたく)」

小指のツメの外側で、ちょっと下側になります。

ここを親指と人差し指でつまむようにして、グリグリと押し揉みましょう。
多少チカラを加えてもいいので、ツボ周辺をグリグリ回すようにマッサージするのがポイントです。

頭痛、首すじのコリをはじめ、白内障や緑内障、風邪、花粉症、疲労回復の効能があるといわれています。

「少沢(しょうたく)」の名前の由来

ツボは古来中国より伝わる伝統医療。

経穴(けいけつ)と呼ばれ、体の特定の部分を指圧したり鍼治療をほどこしたりすることで、体内の症状を緩和するというもの。

この経穴、もともとは「気と血」のエネルギーの通り道にあるポイントだといわれていて、経路が合流したり、分岐したりする非常に重要な部位として認知されているんです。

少沢の「少」は小と同じ意味になり、小腸経の最初の経穴。
気血が潤沢にあるという意味から少沢という名前が付けられました。

このように、ツボの名前にはそれぞれ由来があります。
「気」の作用にちなんだ名称も多く、名前を深く調べるだけで、その効能までが明確になるものもあるんですね。

古来の伝統医療にもかかわらず、その効果が現在でも立証されているツボ治療。

日常押しやすいツボをいくつか知っていただけで、驚くほど症状が緩和されたというケースもあるのです。

ツボ知っていれば、ちょっとした合間にリフレッシュ

特に日本人に多いと言われる肩こり、首こりは、職場やライフワークが生み出す現代病の一つです。社会人になると、身体を動かす時間も仕事に取られ、満足のいく運動をされていないのが現状ではないでしょうか。

ツボは古代医療の原点ともいうべき健康療法として、今なお注目を集めています。全身に点在するツボのことに少しでも理解を深め、職場のちょっとした時間にリフレッシュできるよう、身体のケアに気を配っていきましょう。

コリキク!のツボ一覧はこちら

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
Tags: