リラックス効果を高めて安眠「浮白(ふはく)」【ツボ】

浮白(ふはく)は頭にあるツボ。

巷にあるヘッドマッサージって、たいていの人が眠り込んでしまうくらい気持ちいいんですが、頭にはすごくたくさんのツボが存在するんですね。

ヘッドマッサージのときなんかは、必ずといっていいほど浮白を指圧されていると思われます。

浮白(ふはく)の場所とポイント解説

浮白の場所をわかりやすくイラストで説明しましょう。

浮白(ふはく)ツボ

言葉で説明しますと、耳の先から指の幅1本分のところ。

ここを指先でグルグル回すように刺激してあげましょう。

また、浮白は鍼治療のツボとしても有名です。
なので、爪楊枝の先なんかで、浮白周辺のやわらかい部分を刺激してやるのもいいんじゃないでしょうか。

効能としては、精神安定、偏頭痛、肩こり、五十肩、眼精疲労。

安眠効果が高く、寝る前にマッサージするのがいいでしょう。

頭のツボはリラックス効果を得られる

ヘッドマッサージで思わず眠りこけてしまうのは誰しも経験があるんじゃないでしょうか。

頭を使うと、頭皮が固くなってきますので、それをほぐしてやるヘッドマッサージはもちろん気持ちいいのですが、どうせならツボを意識したマッサージを施術してもらいたいところです。

頭にあるツボって、どれも精神安定の効果が高いんですよ。

ヘッドマッサージの際も、ツボを押すかどうかで、リラックス効果はずいぶん持続します。

ただ、頭って一人じゃなかなかマッサージやりにくいですからね…。

頭のツボ押しできるグッズもありませんので、やはり人頼みになっちゃうんです。

ツボ知っていれば、ちょっとした合間にリフレッシュ

特に日本人に多いと言われる肩こり、首こりは、職場やライフワークが生み出す現代病の一つです。社会人になると、身体を動かす時間も仕事に取られ、満足のいく運動をされていないのが現状ではないでしょうか。

ツボは古代医療の原点ともいうべき健康療法として、今なお注目を集めています。全身に点在するツボのことに少しでも理解を深め、職場のちょっとした時間にリフレッシュできるよう、身体のケアに気を配っていきましょう。

コリキク!のツボ一覧はこちら

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
Tags: