花粉症にも効果がある親指のツボ「眼点(がんてん)」【ツボ】

「眼点(がんてん)」はその名のとおり、眼に作用してくれるツボ。
眼の疲れは、肩こりの大きな原因でもあるため、知っておいて損はないでしょう。

体じゅうには無数のツボが存在していますが、押しやすいツボというのはかなり限られています。
眼点は手の指にありますので、日常生活の中で気軽に刺激できるツボなんですね。

眼点(がんてん)の場所とポイント解説

眼点の場所はここ↓
眼点がんてんツボ

親指の手の甲側。関節の内側にあります。

ここをグリグリ押し揉むような感じで刺激しましょう。
けっこうズキズキくる感覚がありますよね。
強すぎず、気持ちいいくらいの強さで。

眼点(がんてん)は花粉症にも効果あり

眼精疲労のツボとして知られている眼点ですが、花粉症にも効果があると言われてます

花粉症って眼にきますよね。
眼がショボショボになって、目薬をさしてもなかなか改善してくれず、外に出るのも嫌になる。

まあ、眼点を刺激したからといって、すぐに楽になるわけではありませんが、めげずに継続してみてはいかがでしょうか。

体じゅうのあちこちに点在しているツボは、古来から続く伝統医療。
刺激するだけで効果があらわれるということで、今なお注目を集めている健康療法です。

現代医療に置き換えても、すごく理にかなっている部分も多く、人によっては症状にかなりの改善が見られることもあるんですね。

眼点ツボ、ぜひ一度試してみてください。

ツボ知っていれば、ちょっとした合間にリフレッシュ

特に日本人に多いと言われる肩こり、首こりは、職場やライフワークが生み出す現代病の一つです。社会人になると、身体を動かす時間も仕事に取られ、満足のいく運動をされていないのが現状ではないでしょうか。

ツボは古代医療の原点ともいうべき健康療法として、今なお注目を集めています。全身に点在するツボのことに少しでも理解を深め、職場のちょっとした時間にリフレッシュできるよう、身体のケアに気を配っていきましょう。

コリキク!のツボ一覧はこちら

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
Tags: