アロパノール内服液

コリキク!の辛口採点
  • ■効き目
  • ■コストパフォーマンス
  • ■持続性

総評

飲んでみたものの、期待していた効果は感じられなかった。元来、小児用の生薬として知られ、まれに成人でも服用する形の一種の漢方薬。一本当たりの単価も高く、コスパは悪い。

1.7


【総点1.7点】
テレビCMで見かけたアロパノールという薬。
緊張やイライラ、不安感を抑えるということで、さっそく薬局でドリンク剤を購入してみました。

「これ、肩こりとどう関係あるんだ?」
と言う方もいるかと思いますが、これ実は大ありなんですよ。

これまでコラムで何度も取り上げてますが
肩こりの原因ってほとんどストレスと言われてます。

どんな肩こり対策よりも、まずストレス緩和することが大切。
アルパノール内服液

私もストレスまみれの生活を送っていますので、このアルパノールがとても気になっていたのです。

さて、アロパノールの成分はこちら。

抑肝散料エキスって全く聞いたことないですね。

アルパノール内服液

いろいろ調べてみると、これは生薬の1つ。

主に小児が飲む漢方薬みたいなもので、まれに成人にも抑うつなどで飲む人もいるらしいです。

ん?ちょっと待ってくれ!

一日3回服用?

3本入りで1,600円ほどしたのに、なんて高くつくドリンク剤なんだ…。

アルパノール内服液

会議の前にゴクりと飲み干したアロパノール。

普通の時に飲んでももったいないので、明らかにストレスが溜る状況で試したかったのです。

結果は…、

ん~、正直、あまり変化は見られませんでした。

一応、成人でも飲んでみる価値はあるというニュアンスの生薬ですので、まあ効果に個人差があっても致しかたないわけですが…。

にしても、コスパを考えるとオススメできない。
これが率直な感想です。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+