アンメルツ 温キューパッチ

コリキク!の辛口採点
  • ■効き目
  • ■持続性
  • ■コストパフォーマンス
  • ■オリジナリティ
  • ■無臭度

総評

「温キューパッチ」がカテゴライズされるツボ貼りタイプの湿布は、類似の商品も多く飽和状態。ヒリヒリと痛い商品が多いツボ貼り型は、強すぎないことが最大のカギ。もう少し他社商品との差別化が欲しいところ。

類似湿布:ロイヒつぼ膏

2.4

【総点2.4点】

ツボ貼りタイプの湿布は、ここ最近ホント似たものが多いんですよ!

この「温キューパッチ」も同じく、類似商品と比べてなかなか優劣つけがたい。

一体どれが本家なのか、本家だったらそれでいいのか、選びかたの基準がなかなかわかりづらいんですね。

まあそんな中ではありまうが、ツボ貼りタイプの湿布を選ぶポイントは2つあると考えています。

  • 強すぎない(痛くない)
  • 値段が安い

まず、強すぎない(痛くない)ことはむちゃくちゃ重要。

ツボ貼りタイプは総じて、痛いです。

特に夏場、ちょっとでも汗をかいてしまうと、もうすぐに剥がしてしまいたくなるんですね。

なので、個人的にオススメできるのが、ロイヒつぼ膏クールおきゅ膏マイルド

あと、値段については後発品のほうが安くなっている気がしますが、おきゅ膏Zのコスパにはかなわないでしょう。

てことで、温キューパッチに話を戻しましょう。

開封後の写真。1個あたりの大きさは、ロイヒつぼ膏よりひと回り小さいです。

温キューパッチ

実際貼ってみたところ、やっぱり痛かった…。

ツボ貼り型はホント飽和状態なので、差別化がほしい。
率直な感想でした。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
Tags: