じっくり温めて風邪をやわらげる大椎(だいつい)【ツボ】

大椎(だいつい)ツボは背中にあるツボの中でも、けっこう押しやすい場所にあります。
肩こりに効くのはもちろん、風邪をひいたときに刺激するのも良いといわれていますので、ぜひ覚えておきましょう。

大椎のピンポイントの場所はここ。

大椎(だいつい)【ツボ】

首を前に倒したときに、背骨が一番出っ張ったところがありますね。
その出っ張りの真下。これが大椎のピンポイントです。

二本の指を使ってぐるぐる回すようにマッサージします。
強すぎず、中程度の力で。

大椎は風邪に効くツボとして有名で、温めるのもいいんですね。
カイロや蒸しタオルなどでじっくり温めてあげると、咳や鼻水が緩和されると言われています。

大椎を温めるのにはこのグッズ!

まあ、カイロや蒸しタオルもいいんですが、コリキクがとっておきのグッズをご紹介しましょう。

あずきのチカラ

レンジでチンして使うこのグッズ。
何がいいかというと、あずきという天然の素材を使っているので、自然な適温が保たれるところでしょうか。

蒸しタオルだと最初は熱いけれどすぐに冷めてしまう。
カイロだとずっと手で押さえておかないといけない。

その点あずきのチカラは首もとに乗せておくだけでいいし、温度もちょうどいい時間でじっくり冷めていくのです。
何より、大椎にきちんとカバーしてくれるのはいいですね。

風邪に効く薬というのは世の中に存在しない。
誰もが知っている事実なのですが、そうなると予防と緩和が大切。

大椎を温めて少しでも咳、鼻水をやわらげれば、それだけでこのツボを知っている価値があるんじゃないでしょうか。

ツボ知っていれば、ちょっとした合間にリフレッシュ

特に日本人に多いと言われる肩こり、首こりは、職場やライフワークが生み出す現代病の一つです。社会人になると、身体を動かす時間も仕事に取られ、満足のいく運動をされていないのが現状ではないでしょうか。

ツボは古代医療の原点ともいうべき健康療法として、今なお注目を集めています。全身に点在するツボのことに少しでも理解を深め、職場のちょっとした時間にリフレッシュできるよう、身体のケアに気を配っていきましょう。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
Tags: