消炎鎮痛インドメタシンパップS

コリキク!の辛口採点
  • ■効き目
  • ■持続性
  • ■コストパフォーマンス
  • ■オリジナリティ
  • ■無臭度

総評

冷却効果の高い白色の消炎鎮痛インドメタシンパップS。チャック式になっていて、開封後の取扱いもしやすい。市販の湿布では一般的なベージュタイプのものに比べてはがれやすく持続性に欠けるものの、無臭度は高い。

2.5

【総点2.5点】
湿布というのは大きく二つの種類にわかれまして、ベージュと白色があります。消炎鎮痛インドメタシンパップSはこのように白色をした湿布薬。白色の湿布は、打撲などの際に病院でもらうことが多いのですね。冷やしの効果に優れているため、貼れや熱をもった患部に適していて、即効性は非常に高いです。

反面、持続力がなくはがれやすい性質がありますね。
病院で処方されるときは、包帯なんかで抑えることも多く、とにかく一気に冷却したいときにはもってこいの湿布なんですよ。
消炎鎮痛インドメタシンパップS
こちらは裏箱に書かれた成分表。

消炎鎮痛インドメタシンパップS

チャック式になっていますので、開封後の取扱いもしやすいです。
消炎鎮痛インドメタシンパップS

薬局などで市販されている湿布でいえば、フェイタスに代表されるようなベージュタイプのものが多いのですが、これにはいくつか理由があります。

白色は貼った部分がバレやすい、剥がれやすい、持続性がない。消炎鎮痛インドメタシンパップSも例外なくこれに該当します。

市販の湿布薬も競争が激しくなっており、白色のような従来型の湿布薬と距離を置いた商品が多数登場してきたんですね。肩は温めたほうがいいという理由から、温感湿布も数多くリリースされています。(まあ、温かく感じるというだけで、実際に発熱効果はありませんが。)

こういったことから、消炎鎮痛インドメタシンパップSの用途はかなり限定的で、日常ローテーションとして回すのはちょっと厳しいように感じました。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
Tags: