こんなマッサージャーができたら売れるだろうなあ

「揉み」の動きをするマッサージャーについてレビューを書いているときにふと思いました。こんな感じの製品が出たらヒットするのになぁ…、というアイデアがあるので紹介します。

アイデアというと非常におこがましいのですが、私が常日頃やっている動作について、製品に取り入れてもらえたらうれしいなという感じですかね。

たとえば、3月22日にレビューを書いたこの商品。
スライヴ マッサージャー MD-401
MD-401
私くらいの肩こりになると、マッサージャーの両端の取っ手をかなり強い力で引っ張らないと効かないんですよね。
だからたぶんこのマッサージャーは私には効かないんです。
(おそらく肩こりレベルの低い人にはこの製品は全然OKでしょう)

それで私の場合どうするかというと、仰向けに寝転がってマッサージャーと首の間に力を加えるわけですね。
自分の体重をマッサージャーにかけることで圧力をかけるわけです。
これやれば何とか効いてくれるんですよ。
ただこれをやっている最中、機械がつぶれてしまわないかとかなり不安になるのは事実です…。

というわけで、寝転がって体重をかけられるというのをあらかじめ製品の機能として取り入れてもらえたら有難いんですね。
マッサージャーがしっかりとした力で揉むためには、機械本体を重たくするか、私のように寝転がって力を加えるしかないわけで。

皆さんはマッサージャーってどうでしょうか。
効きますか?

このアイデアいいと思うんですけどね…。
どこかのメーカーが採用してくれないかなあ。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+