わが家にAS-F60がやってきた

as-f60

■AS-F60の決め手はコレ

マッサージチェアについては随分いろいろ試してきたわけですが、先日フジ医療器のリラックスマスターAS-F60を買ってしまいました。
AS-F60、何が決め手になったかというと、ざっとこんな感じでしょうか。

1.コンパクト
意外とかさばるマッサージチェアは、リビングに置くとなると随分スペースが取られちゃうんですよね。
クーラーや暖房の効いたリビングで使わないとリラックスもできないので、やっぱり置き場所は大切です。

2.値段
本格派マッサージチェアよりも多少機能は抑えられているものの、この値段は魅力です。
及第点レベルの機能性はあると思いますので、それなりに満足のいくマシンです。

3.肩こり向き
私のような超絶A級肩こり人間にとっては、揉み玉がぐいぐい食い込んでくれるほうが心地よいんですね。
AS-F60はまさにそんなマシンで、けっこう強めにぐいぐいきます。(揉み返しに注意しましょう。)

■これは惜しい…。AS-F60のデメリット

AS-F60が家に届いて10日目。
いろいろ試してみましたが、AS-F60の惜しいところもご紹介しておきましょう。

1.リモコンに電源OFFのボタンが無い
家電量販店では気付かなかったのですが、電源を切るのにいちいちコンセントを抜かないといけません。
毎回のことになると、これが意外にめんどうくさい。

2.リクライニングが180度倒れない
これは省スペース設計なので仕方ないかもしれませんが、完全180度の仰向け状態まではいかないんですね。
きっちり仰向けになってくれれば、背中に重心がかかって効き目がアップこれは残念です。

3.腰のエアーが痛い
人によるかもしれませんが、横から骨盤を押すエアーが強すぎてちょっと痛いです。

■コスパに優れたマッサージチェア

どんなマッサージチェアにもそれぞれ良い面、悪い面はあります。
AS-F60は何と言ってもコスパの良さとサイズ感でしょうね。

下手なグッズをたくだん買うよりは、これ一台あればいろんなマッサージが楽しめるので、お得感は感じられるのではないでしょうか。

ただし、揉み玉の力は強めなので、リラクゼーション的にマッサージチェアを楽しみたい人にとってはちょっと不向きなのかもしれません。

マッサージチェアの相性は人それぞれ、ですね。


レビューページはこちら:リラックスマスターRELAX MASTER AS-F60

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+