パソコンで肩がこるので、トラックボール式マウスを買った

肩こりがもう少しましになれば、仕事がもっとはかどるのに…。
そう思っているのは、きっと私だけじゃないでしょう。

特にパソコンに向かっての作業が多い人や、一日中車を運転している人は、歳を重ねるごとにどんどん肩こりひどくなっているのではないでしょうか。
現に私もその一人でありまして、肩がガチガチにこっているときは頭もうまく働かず、疲れが抜けにくいんですよね。

私の場合、利き腕の右側の肩こりが特にひどいすぎ。
一日中パソコンを触っていることが多いため、姿勢もずいぶん悪いんでしょうね。
利き腕の肩こりというのは、体のバランスが崩れていることを意味していると思うんです。

そしてふと思ったのですが、体のバランスということを考えたとき、これはどうもマウスが深く関係しているんじゃないかなと。
マウスをいじる動作というのは、ずっと腕を上げている不自然な状態なんですよ。
しかもそれが一日中続くとなれば、年々の蓄積で体のバランスを崩し、結果的に筋肉や神経を変に圧迫することになると思うんですよね。

肩こりとマウスの関係を詳しく調べていると、マウスをトラックボール式のものに変えたら肩こりが楽になったという情報をいくつか見かけました。
確かにトラック式だと極端な話、机の上に置かなくてもいい。
これには納得です!

たとえば、膝の上に置いたり、椅子のひじ掛けに置いたり…。
これだと、ごくごく自然な感じでネットサーフィンもできますし、書類を作ったりする分には十分。
もっとも、デザインなど細かい作業には向いてないんですが…。

善は急げということで、早速トラックボール式マウスを手に入れました。
もう肩こりにちょっとでも良いものは、なんでも取り入れていきたいと思います。
M570T

トラックボールといってもたくさん種類があり、どれがいいのかははっきり言って詳しくありません。
ただ、私としてはロジクールのマウスが一番出来が良いと常々思っていまして、迷わずこのM570Tにしました。

まあ実際のところ、私はワイヤレスマウスというものにあまり良い印象を持っておらず、有線のモデルがあれば有難かったのですが…。
Bluetoothがどこまで届いてくれるか。これは実際に試さないとどうも言えません。

image

早速開封-。

慣れない手つきで、親指のボールをコロコロ。
ワイヤレスの届く範囲はどうかなと思ったのですが、少々離れていてもしっかりと反応しています。
ボタンの役割付けやポインタの速度は、ロジクールのサイトからドライバをダウンロードしてきて設定完了。

しばらく動かしてみなものの、慣れるまでかなり時間がかかりそうです。
仕事で使うにはフラストレーションが溜ることでしょう。
とっさの動作が難しく、ネットで調べものをしたりするには向いているのかもしれません。

肝心の肩こりはどうかというと、これはとても効果があると思いました。
マウスを机じゃなく膝に置いてコロコロ触っていると、普段感じる右肩の気だるさがありません。
やはり、マウスを持つ動作って不自然なんだなあと改めて実感しました。

ただ何度も言いますが、慣れるまで時間がかかる。
これだけは仕方ありませんので、根気よく続けていくしかないでしょう。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+