スポールバンを再利用してみた

今回はスポールバンの再利用にチャレンジしてみることにしました。

まずは貼り替えシールの準備。
何でもよかったのですが、ポイントはこんな感じでしょうか。

①布製…ハリに耐えられる丈夫な素材
②それなりのサイズ…小さすぎるとシールが浮いて水が入る
③粘着力がある…ちょっとでも弱い箇所があると水が入る

特に③の粘着力。こればかりは実際使ってみないことにはわかりません。
今回は、Amazonで安かった磁気治療器用 貼り替えシール 60枚を購入しました。
サイズはほぼ同じですが、スポールバンが楕円形なのに比べて、こちらは真ん丸です。
スポールバン再利用

ご存知のとおり、スポールバンの構造は、ハリの上から成型板がおおいかぶさっています。
スポールバン

まずは、ハリを新しいテープに移植しましょう。
親切なことに、貼り変えシールは中心だけをはがせるようになっています。
これは扱いやすい!
ピンセットでやると正確なのですが、爪で取り付けも全然OKです。
(ハリと成型板は前もってアルコール消毒しておいたほうがいいでしょう。)
spor3

そして成型板をかぶせて完成
ハリにぶつからないようになるべく中心に寄せて・・・。
意外とすんなり作業終わりました!

スポールバン再利用

さっそく貼ってみました。
今までのスポールバンの感覚と変わらず、全く違和感なしです。
シールも完全に密着していて、すぐにはがれそうにありません。
スポールバン再利用

スポールバンの再利用を初めて現在3日目ですが、今のところ何の問題もありません。

貼り変えシールもいろんな種類が出ていますので、これも一つずつ試していきたいところです。
サイズはどれも似たような感じなので、やはりポイントは粘着力でしょう。

スポールバンを捨てるのって、たいてい風呂上がりのはがれそうになった時なんですよ。
一度きりの使い捨ては本当にもったいないし、コスパ悪すぎです。
粘着力が弱くなっているだけなので、テープを新しいものに変えれば全然問題ないですよね。

ということで、スポールバンの再利用、案外簡単ですので、一度試してみてはいかがでしょうか。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+