オムロン低周波治療器HV-F1200

コリキク!の辛口採点
  • ■効き目
  • ■機能性
  • ■コストパフォーマンス
  • ■オリジナリティ

総評

機能性が豊富な低周波治療器HV-F1200。3D手もみ治療を銘打っており、3D専用パッドを使用。パッドには3個の電極があり、それぞれ電流の強弱をつけられる。パッドの消耗が早く値段も高いところが残念。

2.8




【総点2.8点】
数あるオムロンの低周波の中でも特徴のある機能が多いHV-F1200。

3D治療というキーワードを打ち出していて、全部で6電極搭載しているところが最大の特徴でもあります。一つのパッドに3個の電極があり、それぞれの電極にピンポイントで電流を流すことができるんですね。この機能は正直いいなぁと思いました。

hv-f1200

普通、低周波治療器のパッドというのはちょっとした湿布ほどの大きさがあります。これだと、刺激してほしくないところにまで電流が流れて、けっこう辛いんですよ。この3Dパッドはピンポイントでツボを刺激したいという人にとってはいいですね。ただ逆にいえば、ピンポイントにこだわらない人にとってはHV-F1200はあまり魅力的ではないのかもしれません。

hv-f1200

あと、3D手もみ治療と銘打たれたいわゆる手もみの感覚についてはよくわかりませんでした。3Dと書かれているものの、何がそれに当たるのかは不明です。

何よりHV-F1200のよろしくない点は、パッドがすぐに消耗するところでしょう。消耗すればピリピリ感が増し、低周波ならではの不快感が続いてしまいます。しかもパッドの値段が2,000円近くするので、コスト的に割に合わない。

機能としては他の機種よりも充実していますが、機能が多いからといっても、これ手動調整できる範囲のことなので。図体も大き目だし、乾電池ではなくここは思い切ってアダプタ電源で在宅用として割り切って欲しかったです。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+