オムロン ハンディマッサージャー HM-164

コリキク!の辛口採点
  • ■効き目
  • ■機能性
  • ■コストパフォーマンス
  • ■オリジナリティ

総評

絶妙なフォルムと重量感が肩のツボにうまくフィットするオムロン製のハンディマッサージャー「HM-164」。すでに後継機種が登場しているが、機能性と価格差をよく吟味して自分に合った機種を選びたい。
後継機種:HM-165

3.6



【総点3.6点】
家電量販店で必ずといっていいほどお目にかかるオムロン製のハンディマッサージャー。絶妙なカーブを描いたフォルムは肩のツボにうまい具合にフィットしてくれます。ツボにずっしりと乗りかかる重量感もいい感じですね。

ただ、すでに後継のHM-165が出ているため少しばかり影が薄くなることは否めません。価格差はせいぜい1,000円程度だけに、どうせなら最新のHM-165を選んでしまうところですが、機能面の差に納得できればHM-164でも全然OKだと思います。

・8種類のプログラム機能
・手のひらアタッチメント

この二つがHM-164には無いものです。
hm-164
正直なところ「8種類のプログラム機能」については別に必要ないかなとは思いますね。8つのモードが用意されているわけですが、これはHM-164でも手作業で調整できるところなので。プログラム機能というのは要するに手作業で行える調整を無理くりオートにしているだけで、それが果たして人の体に心地よいかといえば全く別問題なのです。そもそもが手作業でできる範囲のことなので、いまいち必要性が感じられないんですよね。
hm-164
ただ、手のひらアタッチメントについては物理的なモノなので、あったほうがいいということになるでしょうか。あったほうがいいんでしょうけど、手のひらアタッチメントを試してみて、あまり気持ちよくなければ必要ありませんからね。

というわけで家電量販店で試してみる時には、まずHM-165の手のひらアタッチメントを試しましょう。これがいまいち心地よくなければ、HM-164を購入する。これでいいと思います。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+