美肌と肩こりに効果あり「欠盆(けつぼん)」【ツボ】

「欠盆(けつぼん)」の場所

肩にあるツボというのは一見押しやすそうに見えて、実は手が届きにくいことが多い。ただし、「欠盆(けつぼん)」については割と押しやすく、お勧めのツボとしてぜひご紹介したいと思います。

「欠盆(けつぼん)」の場所はここ。
欠盆(けつぼん)

厳密に言うと、乳頭をずっと上にたどっていった鎖骨の上側のくぼみです。まあこれはピンポイントでなくても、大体でいいと思うんですよ。
なので、鎖骨の両端から中間地点。そこが「欠盆(けつぼん)」の場所と覚えておきましょう。

押し方はあまり強すぎず、指を4本使ってゆっくり押しては離しを1分程度繰り返しましょう。骨に沿って、背中側へ指を滑らすようなイメージで。
くれぐれも指1本で強く押しすぎないようにしてください。

美容にも効果がある「欠盆(けつぼん)」

「欠盆(けつぼん)」がなぜ美容にいいかといえば、リンパが関係しているからです。

鎖骨の上側のくぼんでいる部分は、リンパマッサージの場所でもあるんですよね。リンパを流すようにマッサージをすることは、これ体内の老廃物を排出する効果があるそうです。

なので、「欠盆(けつぼん)」を押せば、顔のまわりの血液やリンパ液を促進させ、代謝を良くします。細胞のすみずみにまで、栄養素や酸素が行きわたり、美肌効果が期待できるわけですね。

もちろん肩こりの効能もありますが、美容効果もあるとはなんて都合のいいツボなのでしょう。

「欠盆(けつぼん)」ツボ、ぜひお試しください。

ツボ知っていれば、ちょっとした合間にリフレッシュ

特に日本人に多いと言われる肩こり、首こりは、職場やライフワークが生み出す現代病の一つです。社会人になると、身体を動かす時間も仕事に取られ、満足のいく運動をされていないのが現状ではないでしょうか。

ツボは古代医療の原点ともいうべき健康療法として、今なお注目を集めています。全身に点在するツボのことに少しでも理解を深め、職場のちょっとした時間にリフレッシュできるよう、身体のケアに気を配っていきましょう。

コリキク!のツボ一覧はこちら

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
Tags: