CYBER-RELAX AS-770

コリキク!の辛口採点
  • ■強さ
  • ■機能性
  • ■コストパフォーマンス
  • ■オリジナリティ

総評

フジ医療器のコンパクトモデル。通常、コンパクト設計であれば機能が自ずと制限されてしまうが、AS-770に限ってはその限りではない。肩の「つかみ」を意識した機能の数々は、超肩こり人間にとって至極の癒しとなる。
前モデル:RELAX MASTER AS-F60

4.5

【総点4.5点】
AS-F60の後継的な位置づけで登場したフジ医療器のコンパクトモデルAS-770。

AS-F60の完成度が高かっただけに、今回どれほど改良されているのかが気になるわけですが、さらに驚きの機能が搭載されていました。
マッサージチェアでは斬新な「つかみ」の機能。
肩をぎゅっとつかむだけではなく、揉み玉そのものが「つかみ」の形状をしていて、この特徴を利用したいろんな動きがあるのです。

代表的なものは「肩つかみ」「肩上たたき」「肩甲骨ほぐし」。
サイバーリラックスas-770

このちょっとした工夫の何が斬新かというと、これは超肩こり人間の人にしかなかなかわかりづらいことなんですが、「首の付け根あたりから肩上部にかけてのコリ」が半端じゃないんですよね。
従来のマッサージチェアは機能は多彩なんですけど、この「首の付け根あたりから肩上部にかけてのコリ」をなかなか解消できなかったんです。
サイバーリラックスas-770

というわけで、AS-770は肩こりがきつい人、要するに肩甲骨だけでなく肩上部、首の付け根をきっちり指圧したい人に向いているマシンといえるでしょう。

あと、改良されて良くなったところは、脚のマッサージ。
特に足裏マッサージのバイブ機能はむちゃくちゃ心地よいです。
振動の質が良いというか、足裏マッサージをしているだけで眠ってしまいそうな勢いです。

通常、コンパクト設計であれば機能が自ずと制限されてしまうわけですが、AS-770に限ってはその限りではありません。
全体的なリラクゼーション機能は大型機ほどではないにしろ、肩の「つかみ」を意識した機能の数々は、マッサージチェアに新たな歴史を刻んだといえるのではないでしょうか。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+