新キューピーコーワi

コリキク!の辛口採点
  • ■効き目
  • ■コストパフォーマンス
  • ■持続性

総評

パッケージには「眼精疲労」と「肩こり」の文字がはっきり。肩こり向けサプリの中では、最もメジャーな錠剤で、目の疲れを改善し、筋肉、神経の働きを円滑にする成分が多く含まれる。

3.5



【総点3.5点】
ドラッグストアのサプリメントコーナーに行ってみると、眼睛疲労の回復をうたった錠剤というのはかなりの数ありまして、どれにしようか迷ってしまうのが正直なところではないでしょうか。

そんな中、この「新キューピーコーワi」は最もメジャーなサプリメントといえます。
CMでもおなじみの「Q&Pコーワ」シリーズは、誰しも名前くらいは聞いたことがあると思いますが、特に眼精疲労と肩こりを前面に打ち出した商品がこの「新キューピーコーワi」なのです。

コーワi

では、成分を見てみましょう。
まず主成分のベンフォチアミンですが、これはビタミンB1誘導体。要するに一般的なビタミンB1をより吸収しやすくした成分です。
このビタミンB1誘導体を含んだ肩こり向けサプリは実は非常に多いんですね。
日本人の食生活ではビタミンB1の摂取が不足しがちと言われていて、毎日のサプリでこれを補うのはすごく意味のあることなのです。

しかし、サプリに頼らない方法もあるにはあるんです。
毎日食べている白米を胚芽米や玄米に変えればいいんですね。
食生活は毎日の習慣ですので、食材にちょっと気をつかうだけで、体に良い変化が起きてくれるかもしれません。

そして、サプリ成分ではおなじみのオキソアミヂン末。
特にドリンク剤に多く見られるこの成分は、要するにニンニクです。
ニンニクには体を温める効果があるので、血行促進の効果が期待できるというわけです。

まあ、サプリはとにかく飲み続けないことには、正直その効能はわかりません。
毎日飲むものだからこそ、あまりに高額なサプリは長続きしないんですよ。
「新Q&Pコーワi」は、決してコスパが良いとは言えないので、費用対効果がある程度はっきりしないことには、なかなか続かない。そこが唯一ネックでしょう。

ここ数ヶ月は服用を続けて、じっくり効き目を検証したいと思っています。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+