ピップエレキバン190

コリキク!の辛口採点
  • ■効き目
  • ■持続性
  • ■コストパフォーマンス
  • ■オリジナリティ
  • ■無臭度

総評

ピップエレキバンの中では最も磁力が強いロングセラーアイテム。肩こりの原因である血行不良を磁力で改善する。すぐに効果があらわれるものではなく、継続することが大切。

3.7


【総点3.7点】
今回は、ピップエレキバンの中で一番磁力の強い「190」をチョイスしました。

コリのきつい肩を中心に貼って3日経過したのですが、結論から言うとまあまあ効いてるのかなぁ?と。
何となく今までより肩がラクになってる気がしますが、体感的に効き目を感じることはありません。

そうなんです。
ピップエレキバンって知名度はあるんですけど、肩こりが楽になったという話はあまり聞いたことがないんですよね。

ピップエレキバン190

「190」はこのように円錐形をしていて、少し先が尖ってるのが特長。
より皮膚の内部まで磁力が働くように考えて設計されてます。

最近はピップエレキバンの類似商品がたくさん出てきていますが、やはり本家はこういうところで差別化しています。

ピップエレキバン190

湿布薬のように肌が弱い人は長時間貼ってられませんが、ピップエレキバンのような四六時中つけていられる商品はそれも強みでしょうか。

マグネループとのダブル磁力はいいかもしれません。

個人的には、もっとあり得ないくらい磁力の強いものが出てもいいかなぁと思っています。

それくらい思い切った磁石が出れば、ガツんと効いてくれるのかもしれません。

磁力と肩こりの関係をそんな形で証明してもらいたいもんです。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+