Q:外国人に肩こりが無いというのは本当ですか?

外国人は肩がこらないという話はよく聞きますが、本当でしょうか。
これが本当だとするとかなりうらやましい話ですが、実は外国人でも肩こりはあるのです。
日本のように「肩こり」という病名自体が存在せず、肩や首の筋肉が緊張している感覚程度のとらえ方なんですね。

しかし、特に西洋人は日本人と比べて肩こり人口が少ないことは間違いないでしょう。
深刻に肩こりに悩んでいる人もそこまで多くはありません。

理由は主に二つ考えられます。

まず一つはストレスの問題
「本音と建前」、「恥の文化」という言葉でたびたび表現される日本社会。
欧米人と違ってストレートに感情を出さない国民性は美徳として語られる一方、私たちは日々何らかのストレスを抱えて生活しています。
実はストレスと肩こりの因果関係は非常に強く、肩や首の緊張による血行不良、神経圧迫が原因です。
肩こりは、生きにくい日本社会を象徴するかのような現代病とも言い換えられるでしょう。

そして二つめは骨格や筋肉の問題
西洋人の骨格は日本人よりもしっかりとした構造になっていて、筋肉量についても遺伝的に多いといえます。
首から肩にかけての筋肉や骨は、5㎏以上もある頭部を支えていてる重要ポイント。
頭の重さに比べて、この部分の作りが日本人よりもしっかりしているのは言うまでもありません。
筋肉量や骨格というのは、肩こりに大きくかかわっているのです。
西洋人との圧倒的な体格差は、肩こりにも影響があったのですね。

ということで、外国人には肩こりはあるのですが、そこまで深刻化していないというのが現状だと思われます。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
Tags: