効能満載。万能のツボ「合谷(ごうこく)」【ツボ】

合谷(ごうこく)の効能は盛りだくさん

頭痛、嘔吐、下痢、肩こり、果てはアトピーや精神不安にまで効くといわれる「合谷(ごうこく)」は、まさに万能のツボといえるでしょう。

いつでも押しやすい手の甲にありますので、一度は押したことのある人も多いのではないでしょうか。

ここで、あらためて合谷の正確な場所を把握しておきましょう。
合谷ごうこくツボ
・手の甲にある親指と人差し指の骨がぶつかるところ
・どちらかといえば、人差し指の骨の内側
(痛いけど気持ちいい感覚です)
・骨の内側に向けて、ぐーっと3秒間押し、3秒間離す

頭痛やストレス解消を中心に押しやすいツボ

合谷のツボはとても有名で知っている人は多いのですが、きちんとした場所を理解している人は案外少ないように思います。
ズキっとした痛みを伴うので敬遠されがちなツボですが、お灸の初心者の人が合谷にすえることも多く、その効能は折紙つき。古代から伝わる伝統医療の代表格なのです。

一番の効き目はやはり頭痛ではないでしょうか。
頭痛や嘔吐の原因は、肩こりや首こりということも多く、慢性化してしまうと思考力の低下にも影響してきます。
それほど厄介な肩こり、首こりとうまく付き合っていくには、ツボを理解して日常生活に気軽に取り入れることも大切。
特に合谷は精神安定の効能もありますので、ストレスや緊張をともなう場面ではより効果的。知っていて損のない万能ツボなのです。

ツボ知っていれば、ちょっとした合間にリフレッシュ

特に日本人に多いと言われる肩こり、首こりは、職場やライフワークが生み出す現代病の一つです。
社会人になると、身体を動かす時間も仕事に取られ、満足のいく運動をされていないのが現状ではないでしょうか。

ツボは古代医療の原点ともいうべき健康療法として、今なお注目を集めています。
全身に点在するツボのことに少しでも理解を深め、職場のちょっとした時間にリフレッシュできるよう、身体のケアに気を配っていきましょう。

コリキク!のツボ一覧はこちら

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
Tags: