ナボリンS

コリキク!の辛口採点
  • ■効き目
  • ■コストパフォーマンス
  • ■持続性

総評

末梢神経を修復するメコバラミンを含有。ちょっと高めビタミン剤だが、抜群の効果が期待できる。1回あたり1錠、1日3回服用。

4.2



【総点4.2点】
現在、私が毎日飲んでいる錠剤。飲んでから約1か月が経ちましたが、毎日貼っていた湿布が必要なくなりました!
職場用と家庭用で2つ買い、本当に重宝しています。
1回あたり1錠で1日3回服用。他のビタミン剤に比べて少し割高にはなりますが、価格に見合う効果は期待できることでしょう。
ナボリンS
そもそも服用を始めたきっかけは、昔お世話になった先輩と話しているとき、肩こりの話題になったことです。
その人も以前は肩こりがかなりひどかったそうなんですが、ナボリンを飲んだらかなり楽になったというんですよ。

そんな話を聞いて試さないわけにはいきません。
ネットで調べてみると、どうやらナボリンSとナボリンEBの2種類があるのですね。

ナボリンSのパッケージには肩こりのほかに眼精疲労の文字が。
私はパソコンやスマホを見ている時間が多く、眼精疲労は自覚していたので、ナボリンSを選びました。
実際、含まれる成分もけっこう違いがあり、症状によって選べばいいと思います。
値段もだいたい同じなので。

ナボリンS
ナボリンSは要するにこれはビタミン剤で、筋弛緩剤ではありません。
だから副作用なんかを心配せずに安心して飲めるんですよね。

成分の中でとくに大切な働きをしているのがメコバラミンというやつです。
これは、傷ついた末梢神経を修復する効能あり。
同じく含まれている葉酸は、メコバラミンの作用をさらに高める働きがあるそうです。

多少高くつく錠剤ではありますが、超絶肩こりに苦しんでいる人には特におすすめの逸品。
これはぜひ試してもらいたいですね!

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
Tags: