オムロン 電気治療器 HV-F5200

コリキク!の辛口採点
  • ■効き目
  • ■機能性
  • ■コストパフォーマンス
  • ■オリジナリティ

総評

「こり治療」、「痛み治療」、「温熱治療」の3パターンで使えるオムロンの電気治療器。「痛み治療」は深部マッサージに最適な周波数で、不快なピリピリ感が抑えられている。

3.9



【総点3.9点】
こり治療、痛み治療、温熱治療の3パターンで使えるオムロンの電気治療器。
サイズは大きく、電源は家庭用コンセントを使用するタイプ。外出先というよりも家に帰ってじっくり使う感じですね。

パットは4枚あって、広い範囲で治療できるのも特徴。肩、腰、ひざ、足裏などなど4枚パッドならではの貼り方は、他の製品ではマネできない効果を感じられるかもしれません。
オムロン 電気治療器 HV-F5200
このマシンの最大の特徴はやっぱり「こり治療」と「痛み治療」にわかれているところじゃないでしょうか。
「痛み治療」って何だ?と思いましたが、関節痛なんかに対応しているようで、ピリピリ感が少なめ。深部治療ということで、深い部分をマッサージできる周波数に変えているようです。
まあとにかく、低周波独特のあのピリピリ感のない揉み方はかなり好感度持てました。
オムロン 電気治療器 HV-F5200
強弱調整は20段階まであって、20はけっこう強く感じました。
私の場合、あまり強すぎると揉み返しで2日後に筋肉痛になることもあるので、まあここれはほどほどに。

これほどの図体なので、家庭で使う分にはもちろん良いマシンですし、整骨院でやってもらう電気治療と遜色ない効き目は十分感じることができました。

デメリットとしては、使い勝手の範囲がかなり制限されることでしょうか。
低周波といえば、私個人としては職場や外出先で使えてなんぼだと思ってるんですよね。

たとえば温熱治療にしても、家に帰ってからこれやるんだったら風呂入りますから。
たしかに肩を温めることは肩こりには絶対いいんです。
それはわかっていますが、家に帰ってからできることって、治療器を使わなくてもいっぱいあるんですよね。

あと、左右の強弱調整にもっとメリハリをつけてほしかったかなと。

本体価格も高めのマシンですが、パッド消耗のランニングコストも4枚分かかってきますので、前もって気にかけておくべきでしょう。

「低周波は外で気軽に。」が私の理想なのです。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+