ピップ内服液B12

コリキク!の辛口採点
  • ■効き目
  • ■コストパフォーマンス
  • ■持続性

総評

ニンニクから抽出されたオキソアミヂン末を含むドリンク剤。血行を良くする効能があり、眼精疲労にもよい。
類似ドリンク剤:新サロンパスBE内服液

2.7



【総点2.7点】
内服液のレビューは今回がはじめてなんですが、これからはサプリメントを含めてなるべく取り上げていきたいと思っています。

今回はドラッグストアで見かけたピップ内服液。ご存知、ピップエレキバンの会社が出している肩こり向けドリンク剤ですね。

こんな感じで、表側には「肩こり・眼精疲労」って書いてます。
ピップ内服液

成分の欄にまず出てくるのがオキソアミヂン末
この成分は、いわゆるニンニクから抽出されたもので、無臭なのにニンニクを摂取するのと同じような効果が得られるのです。
ニンニクは何が体にいいかといえば血流を良くすることなんですね。
ピップ内服液

ピップ内服液の含有物ではオキソアミヂン末が一番多いということは、これを飲むことで血の流れをよくする効果が得られます。

肩こりの感覚というのはほとんど血行不良が原因ですので、血流促進は非常に効果的。
理屈でいうとそういうことになります。

今回、内服液を試すにあたっては、湿布や肩こりグッズを使わずに、丸一日かけてその効果を確かめてみたいと思ってました。
ピップ内服液を飲んで、すぐに肩こりがよくなるという感じは正直なかったのですが、これもやっぱりコツコツ続けていくことが大事なんじゃないかなと。
そういう意味では、コスパ的にちょっときつい。
同じオキソアミヂン末を含む錠剤では、キューピーコーワゴールドA180錠なんかもありますので、継続して飲むんならこっちもありかなとは思ってます。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+