Q:肩こりから吐き気を感じることがあります。なぜでしょうか?

A:
吐き気というのは肩こりが直接的な原因ではありません。正確にいうと「肩こり→頭痛→吐き気」の順番で、肩こりによる頭痛が原因なんです。

頭痛を伴うほどの肩こりはいろんなケースが考えられるんですが、精神的ストレスがすごく大きく影響していると考えられています。
肩がこっている状態というのは、要するに筋肉が硬直している証拠。筋肉が固くなるというのは緊張状態を表しているんですよ。私の知っている範囲でも「この人、ストレス無いんだろうなぁ」と思う人はやっぱり肩こりとは無縁の人が多いんですよね。

ストレスは気の持ち方というのもあるんでしょうけど、生活の中で自然と溜め込んでしまうもの。たとえば、長時間同じ姿勢で集中する仕事ですね。これはストレス溜め込まないほうがおかしいです。

こういった仕事は「眼精疲労」を伴うことが非常に多いんですよね。この場合、肩だけを気にしていてもダメで、目をいたわってあげないといけません。

眼精疲労の解消ポイントをずらっと書いていくと、このようになります。

◎一定の間隔で目を休める
2時間に一度くらいの間隔で瞼を閉じて目を休める

◎目薬をさす
眼精疲労に効く目薬
【第2類医薬品】サンテメディカル10 12mL

◎目の体操をする
眼球をぐるぐると回すなど
眼科医も認める! ストレッチアイ – 眼精疲労の緩和・予防、視力低下が気になる方向け立体視アプリ –

◎目のツボを押す
睛明(せいめい)というツボ…目頭と鼻の付け根の骨との間

◎目を温める
蒸しタオルや目を温めるグッズ
あずきのチカラ 目もと用

◎ブルーベリーを摂る
ブルーベリージャムやサプリメント
お徳用ブルーベリー (270粒/約3ヶ月分)

◎PC用メガネの着用
ブルーライト対策のレンズ
【JINS PC スクエア ハイコントラストレンズ】PC(ディスプレイ)専用メガネ (度なし)(BLACK)

特に頭痛をともなう肩こりは「眼精疲労」の可能性あり。
きちんと目をいたわってあげるが、吐き気を治す一番の近道かもしれません。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
Tags: