Q:肩こりは温めるのか、冷やすのかどっちがいいのでしょうか?

A:
これは温めるのが正解ですね。
温泉に入った後、肩こり腰痛が楽になったというのは多くの人が経験しているんじゃないでしょうか。そもそも、肩や首の血行障害が肩こりの原因なので、温めることで血行が良くなり、肩こりが緩和されるのです。

よく誤解されがちなのが、湿布は冷やしているから駄目なのでは?という意見。
湿布というのは、皮膚に氷を当てるように冷やしているわけではなく、「冷たく感じている」というだけなんですね。冷たいと錯覚しているだけで、決して冷えているわけではないんです。湿布のスーっとする爽快感は、筋肉の痛みを紛らわせる効果があるので、何かコリが楽になったように感じているだけ。これが湿布の正体です。

同じ理屈で言うと、温感湿布も「温かく感じている」というだけですね。
温感湿布の成分にはたいてい唐辛子のようなものが含有されていて、それが皮膚に温かいと感じさせるわけです。肩こりは温めるのがいいというから、温感湿布を貼ればOKとはいきません。

本当にグッズや湿布で肩を温めたいというのであれば、温感湿布ではなく、カイロのように製品自体が発熱するグッズを選ぶべきです。
過去にコリキク!で紹介したグッズであれば、「あずきのチカラ」、湿布だと「めぐりズム蒸気の温熱シート爽快感プラス」「直貼」がそれに当たるでしょう。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
Tags: