Q:右側の肩こりがひどいんですが、利き腕と関係あるんでしょうか?

A:
これ、関係は大ありでしょうね。
なぜかというと、私の知っている肩こり持ちの人は、ほとんど利き腕のほうがひどいと言ってるんです。
周りにいる数人の統計の話なんですが、信憑性はかなり高いと思っています。

普段の生活でこんなことは思い当たらないでしょうか?

たとえば、足を組むのに右側の足が上になっていないでしょうか?
右側の足が上になれば、おのずと身体の重心は右側に寄ります。
もし、ひじ掛けの付いたイスやソファーに腰かて右側の足を上に組むとすれば、右のひじに思いっきり重心が乗っているはずです。
ひじに掛かった体重は、肩へと伝わり圧迫します。しかも、身体の骨格は不自然に傾いているので、余計に肩の筋肉に負担がかかるわけですね。

他にも、仕事中に使っているPCマウス。
ほぼ一日パソコンでの作業という人でも、ずっとキーボードを触っているというよりも、マウスを動かしている時間のほうが長いんじゃないでしょうか。
マウスを触っている間、右手首から第二間接くらいまでは机に乗っ掛かった状態ですね。
ということは、二の腕から肩にかけて負担がかかっているわけです。

こんな感じで、利き腕は使うことが多い分、使い方によっては肩の筋肉にものすごく負担をかけているんですよ。

しかし逆を言えば、なるべく利き腕を使わなくすれば、ちょっとばかり肩こりは楽になるんです。
これは理屈じゃなくて、実際私がそうでした。

ポイントは、別に利き腕じゃなくても済むことは、反対側の腕でやること。

日常生活でけっこうあるんですね。

たとえば・・・、
・車の運転。左腕中心でハンドル操作する。
・スマホを持つ腕。さすがに文字入力となれば効き腕に頼らないといけないですが、ネットサーフィンくらいだったら左手でやる。
・電車や仕事中。足を組む癖をやめる。もしくは普段と逆の組み方をする。
・ひじ掛け付きのイスをひじ掛けなしのタイプに変えてみる。

こういったことを心がけるだけで随分違うものです。
お金がかかるようなことでもないので、一度試してみてはいかがでしょうか。
少なくとも私は効果があったので、ほとんどの人がちょっとは肩こり楽になるんじゃないかと思ってます。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
Tags: