リズムマッサージャーパッションウェーブ RMP-1200W

コリキク!の辛口採点
  • ■効き目
  • ■機能性
  • ■コストパフォーマンス
  • ■オリジナリティ

総評

多彩なリズムで身体をたたく高性能マッサージャー。イスの背もたれほどの高さがあり、長時間のデスクワークなどには重宝する。背もたれに取り付けて使う場合、背中や腰には良いけれど、肩マッサージにはあまり向いていない。

4


【総点4.0点】
よくある枕型のマッサージャーよりも一回り大きくて、たたきの精度が高いマッサージャー。
リズムマッサージの名の通り、軽快なリズムを奏でながら、身体をトントンたたいてくれます。リズムバリエーションはとても豊富で、ちょっと癖になりそうな心地よさがありました。

強さは強中弱の3種類、リズムの切り替えはABの2パターンです。
たたき方が単調ではない分、リズム切り替えにはあまり不満を感じません。
rpm1

イスの背もたれに置くとちょうどいいサイズ。それなりに重量感はありますが、落ち運びは簡単。
rpm1200
背中をトントンとたたかれながら、ふとRMP-1200Wの活躍シーンはどういうところだろうと考えました。思うに、このマシンが一番活躍できるのは職場のイスじゃないでしょうか。特に一日中デスクワークをされている人には持ってこいのマシンだと感じました。

ただし、職場で使う際もいろいろと制約が出てくるので、注意が必要でしょう。全くの無音ではないので、とりあえず仕事中使うのは周りの人にちょっと迷惑がかかるかもしれません。
そして一番のデメリットは、座りながらの肩マッサージはできないところ。肩に当てる場合はどうしても寝転がっての使用になってしまうんですよね。このあたりがきっちりクリアされていれば、すごく魅力的なマシンだと思いました。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+