ラークバンクリアー

コリキク!の辛口採点
  • ■効きめ
  • ■持続性
  • ■コストパフォーマンス
  • ■オリジナリティ
  • ■無臭度

総評

貼るタイプのはり治療のメリットは臭わないところ。ラークバンクリアは貼っている箇所が目立たないので使いやすい。すぐに効果が出るわけではないので、ある程度の長いスパンで貼る習慣をつけたい。
類似グッズ:スポールバン

3.4

【総点3.4点】
スポールバンと同じく、貼るタイプのはり治療。ラークバンのシリーズもいろんな種類が出ていますが、ラークバンクリアーは素材がポリエチレンでできていて、目立たないのが特長です。
ラークバンクリア
ラークバンをはじめとする貼るタイプのいいところは、湿布のように臭わないところでしょう。臭わないというのはとても大切なことで、職場や学校で使う場合、湿布だとどうしても周りに迷惑がかかってしまうんですよね。

そういう製品は他にピップエレキバンがありますが、肩こりに悩んでいる人ほど、ラークバンクリアーのようなはり治療を選んでいる気がします。

パッケージの裏を読んでみました。使用期間は1〜3日のようですね。もったいないので、私は痒くなったら外すようにしているのですが。
ラークバンクリア

細い針が螺旋状になって取り付いています。針の長さは1.3㎜。
ラークバンクリア
どこに貼ればいいのかがわからない人も多いかと思います。ラークバンクリアーの説明書を読むかぎりでは、押してきもちいいところに貼れば問題ないようですね。
ラークバンクリア
要するにコリのきつい筋繊維に突き刺すわけすが、これで肩こりが楽になるメカニズムは何なのかと感じました。

これはあくまで私見ですが、恐らく、針が刺さっているといういわゆる緊急事態信号のようなものを筋繊維に送っているんだと思います。筋肉細胞がそれを意識しすぎて、コリへの意識が多少薄れることから、肩こりが緩和される。この推測、何となく当たっているんじゃないかと思います。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+